tanたんの「死ぬまでうまいもん、あと何回?」

tann.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 20日

ひさびさのジャンクガレッジ・「まぜそば大&ラーメン」

かつてはかの名店「六厘舎」の隣で営業をしていた「ジャンクガレッジ」。
「まぜそば」というジャンルを確立し、また「二郎インスパイア」と呼ばれるラーメンで、
六厘舎とは違うカラーで流行っていたのが懐かしく思い出されます。

2,3年前からは東大宮に店を移し、いまだに行列が絶えない人気店であります。
さすがに東大宮なんてよっぽどのことがない限り行きませんから、
すっかり足は遠のいていましたが、たまたまこの3連休で大宮付近にいくことがあり、
久しぶりに味わってまいりました。

到着したのは17:30。開店は18:00です。
休日ということもあってか、PP獲得し開店を待ちます。
店主の高山君は不在で、2名で店を切り盛りしております。

f0052391_071855.jpg

こちらが「ラーメン」。無料トッピングはのせずのド・ノーマルVer。
それでもたっぷりのもやしに分厚いチャーシューが乗っかっております。
左サイドのもやしの下からチラリと見えるのが、浅草開化楼特製の極太麺。
スープも程よく乳化しており、単なるジャンクな味わいだけでなく、うまいんですね。
そこが完成度の高さなのではないか、と思ったりするわけです。うん、うまいっすね。

f0052391_071836.jpg

そしてこちらが「まぜそば・大」。無料トッピングは、課長(化調、つまり味の素)以外の
ニンニク、チーズ、脂をトッピングしてもらったのがこちら。
こいつを混ぜ混ぜしていきます。
f0052391_071814.jpg

こちらが混ぜ終わった、の図。こいつをワシワシと頂いてまいります。
昔は無料トッピングに「節(魚粉ですね)」があったのですが、どうやら現在は
有料化しているようですね。昔はそういえば「インド」なんていって、
カレーのルウなんかのトッピングがあったなぁ、と思いながら完食いたしました。

f0052391_071827.jpg

店の前には、全部「黒烏龍茶」という自動販売機。
きっと自動販売機業界では黒烏龍茶の売上がNo.1であることが予想されます。
[PR]

by tan0526 | 2010-09-20 00:07 | 今日のラーメン


<< 北品川・カレーハウスロビンソン...      五反田・西安飯荘の夜の宴 >>