人気ブログランキング |

tanたんの「死ぬまでうまいもん、あと何回?」

tann.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 27日

人形町・清寿軒の「小判どらやき」

激しくうまいどらやきに出会いました。
知る人ぞ知る名店なのですが、恥ずかしながら私、存じ上げませんでした^^;
どらやきといえば、上野広小路の「うさぎや」だとばかり思っていましたから。
しかし、ここ清寿軒のどらやきは、うさぎやのそれとは、雰囲気というか、顔つきが違いますね。
f0052391_1323219.jpg


ここ清寿軒は、創業が江戸末期の1861年。今年で創業145年を迎える、
老舗中の老舗です。ある程度の個数を買うと、こんな箱に入れてくれるのですが、
これまたなんとも風情があって、いいじゃないですか。
また、「あっ!清寿軒だ!」っていう印になりますよね^^

f0052391_1324367.jpg

これは、「小判どらやき」ですから、当然「大判」があるわけですが、
小判でも十分なボリュームですね。

皮はしっかり焼かれていて、一般的などらやきの皮よりも濃く焼き上げていますね。
あんは、つぶあんのほうが個人的には好きかなぁ。
ここのどらやきは、3、4日はもつようですから、地方へのおみやげ物としてもいいですよね。
もしかすると、3、4日おいたほうが皮とあんに一体感でてきたりしてw


人形町・清寿軒
中央区日本橋小舟町9-16
TEL.03-3661-0940

by tan0526 | 2006-09-27 01:46 | 今日のおいしいもん


<< リアルな輪厚!      大勝軒・十五夜の「チャーシュー... >>