tanたんの「死ぬまでうまいもん、あと何回?」

tann.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 27日

銀座・ジャポネの「ジャリコ ジャンボ(大盛)」

f0052391_19554949.jpg


数寄屋橋の交差点から東京駅方面に向って延びる専門店街「GINZA INZ」。
高速道路の高架下にあるのだが、ここは首都高ではないことをご存知だろうか?
ここの正式名称は「東京高速道路」といい、首都高都心環状線の
京橋JCT-汐留JCT(銀座1~8丁目)までをつなぐ、
国内では珍しい「無料」の自動車専用道路である。

「無料」なのは、GINZA INZに代表される高架下のテナント収入で
運営をすべて賄うという素晴らしい発想からなのだが、
この発想をしたのは、国や自治体ではなく、当時銀座周辺に本社を
かまえていた民間企業(電通、大成建設、三菱地所などなど)だったという。

昭和26年に当時川だったところを埋め立てつくったのだが、
この川がちょうど港区・千代田区・中央区の境界線だったことから、
いまだにこの道路の行政上の所属が決まっていないという、
なんともトリビアな知識もあったりするw
(どこに税金おさめてるのかね?)

と、さんざん話がそれたところでジャポネの話へww

ジャポネは知る人ぞ知る、というか非常に有名なジャパニーズ・スパゲティ店で、
B級グルメの登竜門とも言えるお店である。

実は私、初挑戦でありまして・・・・・
平日の昼下がり、といいますか、お客さんにアポキャンくらったあと、
時刻は14時20分。
そもそも「やっているの?」という疑問を抱きながら、インズ3へ。
マックと喫茶店の間を入り、「TOILET」の案内板が上から
ぶら下がっているところに、突然「ジャポネ」が。

こんな時間にもかかわらず、な、ならんでいる!
それこそ六厘舎もびっくり、というような並びではないですか!
噂によると12時過ぎに行こうものなら、1時間待ちは当たり前らしい。

10名ほど座れるL字型カウンターのみの小さなお店。
トイレの案内板があるせいで、ジャポネ待ちの列なんだか、
トイレ待ちの列なんだか、分からなっているのもご愛嬌だww

そしてメニュー。これがすごい。これを転記してきた俺もすごいw

【和風系】
ジャポネ 500円 (肉・椎茸・オニオン・のり・ほうれん草)
ジャリコ 550円 (海老・肉・シソ・トマト・椎茸・オニオン・ほうれん草)
明太子 550円 (明太子・シソ・椎茸・オニオン・のり・ほうれん草)
梅のり(醤油味・塩味) 550円 (練り梅・のり・シソ・椎茸・オニオン・ほうれん草)

ヘルシー 550円 (野沢菜・かいわれ・オニオン・椎茸・ほうれん草・ごま・赤唐辛子)

【中華風】
チャイナ(醤油味・塩味) 500円 (ザーサイ・椎茸・オニオン・ほうれん草)

【新メニュー】
キムチ(キムチ味) 550円

【洋風】
ナポリタン 500円 (海老・椎茸・オニオン・ほうれん草)
インディアン 500円 (カレーソース)
バジリコ 550円 (海老・肉・シソ・トマト・椎茸・オニオン・ほうれん草)

これがいわゆる「レギュラー」の値段。

この上のクラスが、
ジャンボ+150円 → 横綱+250円
とありますが、実はその上にも隠されたクラスが・・・・

親方+300円 → 理事長 +350円
親方でレギュラーの4倍、理事長でレギュラーの5倍くらいだという噂w

但し、親方・理事長を注文するためには、その手前のランクを完食していることが条件。
ということで、当面の目標は、



「ジャポネ全メニュー制覇」

「目指せ理事長」



になりました。

味はですね、うまいです。かなりw
シソの香りが効いてますね。かなりいい感じですよ。
今度はね、インディアンを試したいところですなw


スパゲッティ&カレー 「ジャポネ」
中央区銀座西1丁目2番地先 銀座インズ3 1F
03-3567-4749
[PR]

by tan0526 | 2007-02-27 19:55 | 今日のおいしいもん
2007年 02月 24日

大崎・ジャンク・ガレッジの「まぜそば・豚増し・えび辛マヨネーズ」

今日は21時すぎに行って、待ち時間なし!
最近六厘舎が激混み(100人とかw)が多く、断念しがちだったりするので
なおさらうれしかったりします。
さて今日は、まぜそば・豚増し・えび辛マヨネーズとかなり「ジャンク」なメニューに挑戦!
私肉好きですが、マヨラーではありませんのでw
ちなみにこの「えび辛マヨネーズ」は、六厘舎の「辛つけ」のときのトッピングに
マヨネーズをまぜまぜしたものです^^
無料トッピングは、いつも通り「チーズ・焦がし・節」で^^

最初はマヨなしでスタートし、途中でマヨをのせてもらう「あとのせ」で、
やったのがこの写真なわけです。

f0052391_11551211.jpg


やっぱちょいヘヴィですなw
20代のときなら楽勝でいけてたと思いますが、30代の今、はっきり言って「ムリ」w
次回は「ベビースター」に挑戦します。

ちなみに麺がマイナーチェンジしたらしいのですが、
店主の高山さんに聞いたところ、「麺が短くなった」んだって。
[PR]

by tan0526 | 2007-02-24 11:55 | 今日のラーメン
2007年 02月 20日

武蔵小山・ボニートボニートの「醤油らーめん・粗挽きスープ」

f0052391_1237913.jpg


最近気になっていた店、ボニートボニート。
それは六厘舎、じらい屋と同じ浅草開化楼の麺をつかっている、
ってこともありましたが、ここんちは無化調の魚介(それもかつお)ベース
バリバリのラーメンがでてくるってことだったので、ちょっとそそられるところがありまして。

ボニートっていうのはスペイン語で「カツオ」の意味だそうで、
それを重ねて店名にするくらいだから、そうとうにカツオなんだろうとw
ここには「粗挽きスープ」という魚介の非常に濃いスープがあって、
これがたまらないらしく、そしてメニューの中には「めしラーメン」なるものもあるらしくw
麺の下になんとご飯が鎮座してらっしゃるという、なんとも炭水化物on炭水化物な代物でw

さすがに一食目からめしラーメンに挑戦するほどの勇気もひねりもなく、
最初は「醤油ラーメン+粗挽きスープ」で。
ここに煮豚めし・小をつけて、最後は「めしラーメン」風にしようとw

粗挽きスープ、うまいっすねぇ。普通のスープでも魚介の濃厚さ出ているのに、
その上澄みとカツオ節の崩れたものがスープに入ってきます。
浅草開化楼の麺ともなかなか相性もいいみたいで、スープの主張に
麺がちゃんとおとなしくしているっていうか、いいコンビネーション発揮してる感じですね。

そして煮豚めしの残ったご飯をスープにいれ、最後はお茶漬け風にw
無化調スープなので、これまた優しい味なんですよ。

うんうん、なかなかいけますね、ボニートボニート。
ちなみに、高知では結構な繁盛店をやられていたみたいですよ。


ボニートボニート
品川区小山4-1-8 いつみハイツ101
TEL 03-3792-7713
[PR]

by tan0526 | 2007-02-20 12:37 | 今日のラーメン
2007年 02月 15日

大崎・ジャンクガレッジの「まぜそば・インド後のせ」

f0052391_22291067.jpg

今日で4回目になったジャンク・ガレッジ。
2月7日からは有料トッピングも始まっていましたが、
有料トッピングはこんな感じです。
そして今日ははじめての有料トッピングに挑戦!
「まぜそば・インド・ニンニク少なめ・チーズ・焦がし・節」で900円!


f0052391_22312872.jpg

この下のほうに「生卵」と「目玉焼き」ってのがありますw
今日は、当初から気になっていた「インド」を。
「インド」ですから、当然カレー関係のトッピングがくるであろうことは予想できてました。
問題は、その形状。
僕はきっとカレー粉をまぶしてあるか、カレーのルーが上にかかっていることを
予想していましたが、その期待はある意味非常によい方向に裏切られました^^。
その上、トッピングは「後のせ」もチョイスできるというではありませんか!
どういうことかというと、最初はデフォルトのままスタートして、
途中で飽きが来たタイミングで「インド」コール。
そうすると、そこで残った麺に「インド」がかかってくるという仕組みなわけですよ。
実はジャンクガレッジのまぜそばは、最後のほうで飽きがくるという問題点が
ありましたので、このトッピングで味に変化を持たせる、という作戦は
非常に理にかなっているわけです。
そして「インド」の正体は・・・・・・・・・・・・


f0052391_22315088.jpg

そう、キーマカレーでした^^
これ、いいです。カレーの味も非常にエッジが立っていて、旨みも辛みもいい感じです。
これでまったく別のテイストにかわったまぜそばを一気にかきこみます。

う、うまい!!!!!!!!!!!!
またジャンクガレッジにはまる原因ができたのでした。
だって、六厘舎、「dancyu」に掲載されてから、MAX100人待ちですよ・・・・・・・
うわぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん・・・・・・

p.s

f0052391_22313878.jpg

無料トッピングに新しい仲間がw
その名も「課長」。
そう、「化調」、つまり「化学調味料」、つまり「味の素」ってことですな。
これでジャンク度合いを高めるというわけですw
[PR]

by tan0526 | 2007-02-15 22:29 | 今日のラーメン
2007年 02月 14日

五反田・平大周味庵の「ラーメン・極太麺Ver」

f0052391_1015539.jpg


以前、スープ一面が背油で覆われている特製ラーメンをご紹介した、平大周味庵
3月31日まで、私が愛する六厘舎、じらい屋にも麺を提供する浅草開化楼提供の
極太麺をチョイスすることが可能ということで、のばしのばしになっていたのですが、
行ってまいりました。

なぜなら、六厘舎も15:30で30人待ちだったし、前から行ってみようと思っていた、
武蔵小山の「ボニート・ボニート」も知らないうちに15:30~17:30まで昼休みに
なっていたし・・・・ちょっと消極的な理由ではありましたがw

背油は特製ラーメンほど多くなく、程よい感じですね、僕にはw
さて、開化楼の麺は、というと・・・・・・
僕は好きだなぁ。弾力があるというより「ポキッポキッ」って感じで、
極太麺が程よくスープと背油をつれてきてくれるというか。

これ、もっと細くなってくるとスープと絡みすぎちゃうと思うんですよ。
そうするとちょっとヘヴィになりすぎちゃうかなって。

なので、特製ラーメンでこの麺ってのがもしかしたらベストチョイスかもしれませんね。
今度やってみるかw
[PR]

by tan0526 | 2007-02-14 10:15 | 今日のラーメン
2007年 02月 11日

これなんでしょ?

f0052391_149154.jpg


一見するとブランマンジェのように見えるんですが・・・・・
これデザートではありません。

これ、豆腐です。

「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」という豆腐なんですが、
以前から見聞きしていたものの食べるのは初めて、というわけでw
醤油とかつお節ってのもいいんですが、この豆腐は非常にコクと甘みを感じますので、
料理の仕上げでパラっとかける粗塩とエクストラヴァージンオリーブオイルをかけて
いただきます。

f0052391_14201845.jpgこの豆腐をプロデュースしているのが、
男前豆腐店というこれまたインパクトのある会社w 
こういう本も出していますよ。
なかなかアツい男です。実は同い年だったりします。
さっそく読んでみましたが、なかなか面白いです。
今売られている多くの豆腐の作られ方の現実。
本気にうまい豆腐作りへの情熱。
すべては取り組む人間の本気度合いが方向性を決める。
その大切さを知らされる1冊なのでありました。
[PR]

by tan0526 | 2007-02-11 14:09 | 今日のおいしいもん
2007年 02月 10日

池袋・ラ・プール・オ・ポのお惣菜

f0052391_1933195.jpg

ラ・プール・オ・ポは、前菜で出るリエットやテリーヌを
テイクアウトすることもできたりします。
左上が「鶏のテリーヌ」、右上が「豚のリエット」、真ん中が「ピスタチオの入った豚のテリーヌ」、
両側が「自家製サラミソーセージ」でございます。
これにメゾン・カイザーのバゲットと合わせたワインは、ちょっと普段よりグレード上げて・・・


f0052391_1382373.jpgパヴィヨン・ルージュ・ド・シャトー・マルゴー。
シャトーマルゴーのセカンドですね。セカンドとはいえ、マルゴーと同じ畑のぶどうでつくられていますから(熟成期間が短いのと新樽の使用比率が少ないんです)、その片鱗は十分に感じられますねぇ~^^ やはり抜栓した後の香りの立ち方がすばらしいですねぇ~。あ、話がちょっとマニアックになりましたかねw

f0052391_1383486.jpgデ・ボルトリ・ノーブル・ワン。
デザートワイン。これねぇ~、うまいんですよ。オーストラリアの貴腐ワインですが、上品な甘さなんですね。酸が適度に効いているからだと思うんですが、ベタベタした感じが全く残りません。一部では「イケム・キラー」(シャトー・イケムはフランス・ソーテルヌ地区で作られる世界最高の貴腐ワイン。すげぇ高いですw)といわれているみたいですが、確かにCPは秀逸ですね~^^
[PR]

by tan0526 | 2007-02-10 19:33
2007年 02月 09日

武蔵小山・じらい屋の「JRAチャーシュー」

f0052391_21221386.jpg


1日20食限定の「JRA」。
正式名称は「じらいやアグレッシブ」。
じらい屋では最新作になるのですが、
これ、ハッキリ言って「うまいっ!」です。

スープはJRA用に行平鍋に入れてあたためたものを使いますが、
見た目で行くと、鶏ベースの粘性のある白湯スープに見えます。
実際に、醤油ダレ(これもじらい屋ラーメンのタレとは違うみたいねぇ)に
このJRAスープを注いで、浅草開化楼の麺「Rifle(ライフル)」、
きくらげ、かつお節粉、浅葱、チャーシューがのってきます。

スープを口にすると、粘性のある鶏白湯スープと強い魚介の味がします。
これは決してかつお節粉の影響ではないスープそのものからする味ですね。

そして、いやらしい後味が全くなく、さわやかそのもの。
どちらかというと、濃厚な部類のスープなのですが、
一気に、ひさしぶりにどんぶりを抱え込んで最後一気に飲み干しました。

いやいや、限定20食というのが痛いですが、
是非ともまたチャレンジしてみたい味であります。

じらい屋
品川区小山3-6-21  
TEL.03-5498-3927
[PR]

by tan0526 | 2007-02-09 21:22 | 今日のラーメン
2007年 02月 06日

お水はいっさい出しません

f0052391_1625302.jpg

知る人ぞ知る、高輪「サンライン」。
水を出さないのは、薬膳効果が薄れるためだそうです。
食べおわったあとに、こそっと抹茶のアイスが出てきますw
[PR]

by tan0526 | 2007-02-06 16:25
2007年 02月 02日

三輪車(仮称)あらため大崎・ジャンクガレッジの「まぜそば・大」

f0052391_20335320.jpg


きました、きましたよーーーーーーーーーーー☆
1月下旬オープンの予定だったジャンクな麺屋、
「三輪車(仮称)」あらため「JUNK GARAGE(ジャンクガレッジ)」。

満を持して1月31日18時にオープンいたしました。
予告どおり、六厘舎とはまったく違う方向性ですね。

この「まぜそば」、基本データをご紹介しておくと・・・・・
●麺は普通で250g、大盛で400g。
六厘舎の大盛は450gですが、ここはトッピングが多いので400gでも十分かなぁ。
●もやし・キャベツ・生卵1個はデフォルト。
(生卵1個で足りない場合は、追加で。実は意外と足りないw)
●チャーシューは六厘舎同様、角切りとほぐし的なもの。

ここに出てくる直前でヒアリングされる「無料トッピング」が。
このあたり、ラーメン二郎的ですな。
無料トッピングは、
●にんにく(荒いみじん切り)
●チーズ(とろけるチーズが具の下のほうにひっそりと)
●焦がし(ニンニクチップと揚げタマネギ)
●節(かつお節)
●アブラ多め(背脂が多めに)

焦がしでニンニク感があるので、チーズ・焦がし・節、で今日はオーダー。
ここの特徴は、なんといってもこの麺。
平麺と中太麺がミックスされてるんですよねぇ~。
これって茹でるの大変だと思うんだけどなぁ。どうしてるんだろ?
f0052391_21182448.jpg


来週の休み明け7日からは、これまたジャンクな有料トッピングもスタート!!!
なんかね・・・・
●インド
●えびせん
●ポテトチップス
なんてののオンパレードだったりするわけw

夜にも楽しみが増えたなぁ^^

東京都品川区大崎3-14-10
18:00~最大23:00(品切れ終了)
火曜定休
[PR]

by tan0526 | 2007-02-02 20:33 | 今日のラーメン