tanたんの「死ぬまでうまいもん、あと何回?」

tann.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 27日

鶴見・麺バカ息子の「特製バカつけ麺」

f0052391_18445559.jpg

前々から気になっていたのですが、なかなか「鶴見」って通らないのよねぇ。
この日は第一京浜で横浜に!という強い気持ちで鶴見の「麺バカ息子」へ。
本当は、六角橋の「仁鍛」に行こうと思っていたんだけど、
微妙にアポイントに遅れちゃうリスクも無きにしもあらずな時間帯だったんで、
ちょっぴり涙を飲む感じで向かいましたよ。
f0052391_18445596.jpg

ポイントはご覧いただければお分かりだと思いますが、
「超極太麺」と「超バカでかい海苔」。
確かにつけ麺の麺は、通常のラーメンに比べれば太いんですけど、
ここまで太い麺には初めて遭遇しましたね。
ってか、はっきり言って、「うどんです」。
その上歯ごたえもとてもしっかりしてますんで、
早いタイミングでの満腹中枢の刺激には一役買っているような(笑)。

海苔も、一枚ごと使ってますね。
海苔って結構コストかかるんじゃねえの?みたいな心配もしてみますが、
これだけたっぷりあるとうれしいっすね、海苔好きには。

スープは甘味が強いですね、通常のものとくらべると。
[PR]

by tan0526 | 2010-01-27 18:44 | 今日のラーメン
2010年 01月 16日

永田町・フリッツの「塩ラーメン」

f0052391_13131881.jpg

いつの間にかフリッツのランチに「ラーメン」がラインナップされておりました。
そして大好きだった「インディアンカレーライス」がお蔵入りに…

ま、原価率考えるとしゃーないか、なんて思いつつ試しにラーメンを。

10分待つか待たないかくらいのタイミングで登場。

第一印象は「美しい」ということ。中目黒の八雲と似た顔つき。

スープはフリッツの持っている素材ならこうなるよなぁ、
という上品な出来上がりになってます。

麺はもうちょっとスープを持ち上げてくれたらいいのになぁ。

でもうまいよ♪
[PR]

by tan0526 | 2010-01-16 13:13
2010年 01月 04日

鹿児島・ステーキ素敵庵の「340gステーキ」

f0052391_1843038.jpg


早く行かないと昼はえらく並ぶハメになってしまう、「ステーキ素敵庵」。
店に入るや否や、その緊張感とおいしそうな雰囲気が立ち込めています。

次々に上がる炎。カウンター内のコックさんが次々に鉄板にブランデー(かな?)を
注ぎ込み、炎を立ち上がらせていきます。
エンターテインメントとしても、楽しいかも。

ステーキはg数で選べまして、120・170・220・280・340とありますが、
ここは迷うことなく340gを。400gがあったら、そっち選んでたなぁ。

肉はたぶんモモとかランプじゃないかと思うんですが、
個人的にはとても好きな部位なので、とってもおいしく感じられました。
僕を見ると霜降りのサーロインとか、大トロをこれ見よがしに
勧めてくる人が多いんですけど、実はランプ肉とか赤身が好きなんすよ。
イチボ肉や中トロでギリギリOKって感じですかねぇ。

鹿児島といえば「黒豚」的なイメージが強いですが、
どうしてどうして、肉もかなりの満足感でしたわ。
[PR]

by tan0526 | 2010-01-04 18:04 | 今日のおいしいもん
2010年 01月 04日

鹿児島・くろくまの鹿児島特選黒豚しゃぶしゃぶ

f0052391_17321366.jpgそりゃね、びっくりですよ。
何がって、その鍋の大きさにですよ。
松田優作じゃなくても、
「なんじゃこりゃぁああああああ!!!」っていいますとも。

「くろくま」は、南州館っていうホテルにあるしゃぶしゃぶ屋さんで、
その鍋のでかさはきっと日本一。

卓上の小鉢や寿司桶の大きさと比べてもらえれば、
その尋常ならぬ大きさはご理解いただけると思いますが、
とにかく笑いが先行してしまうという驚愕の鍋です。

実は鍋には名前がありまして「熊襲鍋」と書いてあります。
熊襲って言葉、中学生の歴史の教科書以来に見たような(笑)

この鍋を今回は6人で囲みました。


f0052391_17321363.jpg鍋は仲居さんに最初やってもらうのですが、
まず、「バリリッ、バリリッ」とおもむろにレタスをむきはじめると、
手でちぎることもなく、そのまま躊躇なく鍋へ投入。
ぷかりぷかりと、数にして8玉分のレタスが。
その上に特選黒豚を配し、このまましばらく放置します。

そのあとは通常のしゃぶしゃぶと同様、
自分でしゃぶしゃぶしていくわけですが、
熊襲鍋は鍋の淵の長さが長いため、
油断していると腕の裏側が高熱の鍋の淵に
「ぴちゃり」とついてしまいます。

これがえらく熱い。
普段は熱さに攻められない腕の裏ですから。
熊襲鍋、おそるべしです。侮るなかれです。

え?味ですか?
確かうまかったと思うけど・・・
[PR]

by tan0526 | 2010-01-04 17:32 | 今日のおいしいもん